FC2ブログ
21 2007

旅する青年

と、出会いました。いつもように、朝の自転車を。今日は天気がいいから遠くまで行こうと海岸線の綺麗な公園まで距離を伸ばしました。ふ~っ、心地よい疲れで一休み。芝生に横たわり空を見上げ、深呼吸。全身で自然を感じ、この大自然に生かされている事に感謝する。と、「すみませ~ん」と近くから声が。体を起こすとそこには、一人の青年が立っていました。話を聞くと、彼の自転車がパンクしたらしい・・・。「工具持ってませんか?」と。たまたま、サドルバックに携帯してあった工具を貸してあげました・・・。


L1000327.jpgもくもくとチューブを入れ替える青年。


礼儀正しく、「ありがとうございます」と作業を開始。その青年の姿を見ながら、自分もあんな時があったなと・・・。何も考えず、走り、何にでもチャレンジし、そしてやってみる。失敗も多かったが得るものも大きかった。今の自分はどうだろう?走っているだろうか?チャレンジしているだろうか?やっているだろうか?失敗を恐れていないだろうか?青年の純粋な目をみて感じました。歳取ったんですかね・・・。確かに歳は取った。この一人の青年が、あらためていろんな事を私に思い起こさせてくれたような気さえしました。そっ、がんばらねば・・・。んっ、やらねば・・・。



朝の青年との出会いで、また学ぶことが出来ました。


パンク修理を終えた青年に、アクエリアスを一本渡しがんばれよ!と・・・。「お世話になりました」と、お礼の言葉を残し、彼はまた走っていきました・・・。前だけを向きながら・・・。




関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment