FC2ブログ
09 2008

最後のノクチルックス50mmF1,0リミテッドエディションExclusive limited edition of the LEICA NOCTILUX-M 50mm f/1.0

1976年の発表以来、30年以上に渡り作り続けられたノクチルックス50mmF1,0が生産中止となることが決定しました。ライカ社は、最後に特別限定として100本のみこのノクチルックス50mmF1,0を特別な木箱に入れて7月よりデリバリーを開始するとのこと。。。
NoctLimited_1.jpg
Exclusive limited edition of the LEICA NOCTILUX-M 50mm f/1.0. Only 100 pieces.

ご覧頂ければお分かりのとおり、この木箱には過度な湿度からレンズを保護するために除湿機能が備わっています。ライカでは始めての試みです。
このボックスは、フランス近郊のElie Bleu Tabletier で作られています。葉巻や腕時計、筆記具のコレクターの方は、既にご存知かと思います。Elie Bleu Tabletier とは35人の職人からなるキャビネットメーカーで優れた技巧と長い伝統と歴史を持っています。彼らが製作する木箱は、宝物を長期間安全に保存できる事で、世界のコレクターの間では有名です。この木箱自体も大変貴重なもので、フランスの最高級のシーダー材を使用し、完璧に仕上がるまでに7回の工程で磨かれ、最高10層のコートから成っています。そして、全ての金具、すなわちヒンジ・ロック・キー・グリップ等は金張り(Gold Plate)で仕上げられています。そして、内装はイタリア製のアルカンタラで仕上げられています。

NoctLimited_2.jpg


そして、この最後の100本のノクチルックス50mmF1,0特別限定には、革で出来たブックレットが付属し、その中には伝説のノクチルックスの設計から開発までのヒストリー、そして生産中止になる今日までのノクチルックスのストーリーが書かれています。

NoctLimited_3.jpg


この全てにおいて特別な最後の100本のノクチルックス50mmF1,0、何セット手に入れられるかは分かりませんが、オーダーを受け付けますので、詳細につきましてはE-mail 又は お電話 でお問い合わせ下さい。

多分、日本には正規で入ってこないと思います、、、。

あっ、それと、もう一つライカからサプライズがあるからね、、、詳しくは、後日。。。
関連記事
スポンサーサイト



2 Comments

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2010/01/13 (Wed) 21:16 | EDIT | REPLY |   

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2011/03/14 (Mon) 08:52 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment