FC2ブログ
16 2018

ROLEX Cosmograph DAYTONA 6239 early Ver.

今回、デイトナの初期モデルのご紹介をするのですが、その前に。

昨年10月にN.Yで開催されたPHILLIPSでエスティメートを遥かに上回る金額で

1本のステンレススティールのデイトナが落札されました。その金額はUS $17,752,500。

日本円にして約20億。確かに俳優のポールニューマンご自身が嵌めていた通称「ポールニューマン・ダイヤル」の

由来ともなった時計ではあるものの、素材はSSで当時の販売価格は日本円で換算して30万円くらい。

8_001.jpg
Ref. 6239 An iconic, highly attractive, and historically important stainless steel chronograph wristwatch with off-white dial and tachymeter bezel.
Estimate in excess of $1,000,000
SOLD FOR $17,752,500

PATEKのように高級素材で複雑機構を持ち、、、といういわゆるコレクションピースと言うよりは、

実用時計な訳です、スポーツモデルは。が、しかしその時計がこれまでのPATEKの持つ腕時計の最高額を遥かに上回る

落札結果となるんですね。色々な条件はあるにせよ宝石や金やプラチナ、そして装飾が施された訳でも無い

ステンレスのクロノグラフです。

ある意味、僕はこの瞬間ロレックス、特にデイトナを中心としたヴィンテージが時間を見る(知る)道具からアートに代表される

今後何百年受け継がれるであろう真のコレクションピースになったと。

L2240593.jpg
Cosmograph daytona ref.6239 early model 1964y

今回入荷の6239が初めて文字盤に"DAYTONA"の文字が入ったダイヤルです。

この6239は前年の1963年に発表され、その時は"DAYTONA"表記は無く通称「ルマン」と呼ばれました。

つまり今日の「デイトナ」の礎を築いたモデルです。

L2240589.jpg

文字盤12時側の3列目に小さく"DAYTONA"の表記が入ります。ケース、ベゼル、文字盤、針などもこのモデルにしかない

特徴を併せ持っています。6239でも、この後のモデルはケースデザイン、針、ベゼル、ムーブメントも含め異なります。

L2240594.jpg

各部のディテールについては、お問い合わせ頂ければご説明をさせて頂きます。

始めて「デイトナ」と呼ばれる様になった記念すべき1本です。まだお買い求め頂けるお値段です。

気になる方は、お気軽にお問い合わせ下さいませ。販売します。


5月のジュネーブでのフィリップスでも貴重な6265が6億強で落札。先日のN.Yのクリステーズではサブマリーナ6538の

エクスプローラーダイヤルがバイヤーズプレミアムを含め1億ちょっと。

今秋以降フィリップスだけでも時計のオークションが3つ予定されています。買う際も売る際もご相談承ります。

是非!




ENZO / NAKAI








関連記事
スポンサーサイト

#rolex @ROLEX #cosmographdaytona #daytona #enzoshop #6263 #6265

0 Comments

Leave a comment